新卒/ドイツ人候補者編:「営業という仕事についてどんなイメージがありますか」

こんにちは!今回の記事では、在独日系企業で働く面接官がドイツ人の新卒候補者を営業のポジションで面接する際の質問に焦点を当てます。

質問の背景:なぜこの質問が重要か?

「営業という仕事についてどんなイメージがありますか?」という質問は、候補者が営業という職種にどれだけの理解と適性を持っているのかを測る際に効果的な質問です。

ポイント:何を見極めるべきか

職種についての理解: 営業は多くのスキルと知識が必要な職種です。候補者がこの仕事についてどれほどの理解を持っているかを評価します。

適性
: 営業はコミュニケーション能力、忍耐力、戦略的思考などが求められる職種です。候補者の回答からこれらの適性が見られるかどうかをチェックします。

    いくつかの回答例とその評価

    良い例1: 理解と戦略性


    回答
    : 「営業はただの商品の販売以上のものです。顧客のニーズを理解し、最適なソリューションを提供するプロセスだと考えます。」


    評価: この回答は営業に対する深い理解と、戦略的な考え方が見られます。適性が高いと評価できるでしょう。

    良い例2: コミュニケーション重視


    回答
    : 「営業は良い人間関係を築くことから始まると思います。信頼関係がなければ、長期的なビジネスは成立しない。」

    評価: 人間関係の重要性に注目している点は、営業の適性があると言えます。

    悪い例1: 表面的な理解


    回答: 「営業は商品を売ることです。」

    評価: この回答は営業に対する理解が非常に浅いです。適性が疑われます。


    悪い例2: ネガティブなイメージ


    回答: 「営業は高圧的で、人に何かを押し付ける仕事だと感じています。」

    評価
    : このようなネガティブなイメージは、営業職に対する適性が低い可能性が高いです。

      まとめ:この質問から何がわかるか

      この質問によって、候補者が営業という職種に対してどれだけ理解と適性を持っているかが明確になります。また、回答の中での具体例や詳細も注目することで、より深く候補者を理解することができます。

      最後に:面接官自身の準備

      この質問を効果的に使うためには、面接官自身が営業の多面性や求められるスキル、企業のビジョンについてしっかりと理解していることが前提となります。このような準備をすることで、候補者の回答を的確に評価することができます。

      次回も、更に具体的な面接の質問とその評価方法について解説しますので、お楽しみに!

      ブログに戻る
      • ドイツ就職虎の巻【零】在独日系企業とドイツ企業どちらがおススメ?

        ドイツ就職虎の巻【零】在独日系企業とドイツ企業どちらがおススメ?

        ドイツで就職する日本人のうち、在独日系企業に就職する割合は8割近くにのぼり、ドイツ企業や、その他国籍の企業に就職する数を大きく上回ります。 (埼玉大学「変容する海外で働く日本人―現地採用者に着目して―」を元に著者作成) この背景には、単に日本人だから日系企業のほうが合格しやすい、といった理由だけでなく、ドイツ企業で日本人が採用されにくい理由や、就労ビザ、就職後に活かせるスキルや職歴の考え方の違いなど、様々な要素が複雑に絡み合っています。 ドイツ就職虎の巻【0】では、ドイツ就職活動を始める前に、そもそもなぜ在独日系企業への応募が日本人にとって内定を勝ち取りやすく、輝かしいキャリアを得るための王道となりえるのかについて解説していきます。 在独日系vsドイツ企業 在独日系企業とドイツ企業を日本人応募者目線から比較したとき、ポイントになってくるのは、 1)入社しやすいかどうか 2)入社後に働きやすい環境かどうか の2点と言えるでしょう。   在独日系企業 ドイツ企業 日本人の応募難易度全般 (入社しやすいか) 比較的易しい 難しい 語学レベル 英語スキル ビジネスレベル必要 ビジネスレベル必要 語学レベル ドイツ語スキル できるとアドバンテージ ビジネスレベル必要 需要・供給 日本人としての需要 需要が多い 需要が極めて少ない 応募要件 職歴要件...

        ドイツ就職虎の巻【零】在独日系企業とドイツ企業どちらがおススメ?

        ドイツで就職する日本人のうち、在独日系企業に就職する割合は8割近くにのぼり、ドイツ企業や、その他国籍の企業に就職する数を大きく上回ります。 (埼玉大学「変容する海外で働く日本人―現地採用者に着目して―」を元に著者作成) この背景には、単に日本人だから日系企業のほうが合格しやすい、といった理由だけでなく、ドイツ企業で日本人が採用されにくい理由や、就労ビザ、就職後に活かせるスキルや職歴の考え方の違いなど、様々な要素が複雑に絡み合っています。 ドイツ就職虎の巻【0】では、ドイツ就職活動を始める前に、そもそもなぜ在独日系企業への応募が日本人にとって内定を勝ち取りやすく、輝かしいキャリアを得るための王道となりえるのかについて解説していきます。 在独日系vsドイツ企業 在独日系企業とドイツ企業を日本人応募者目線から比較したとき、ポイントになってくるのは、 1)入社しやすいかどうか 2)入社後に働きやすい環境かどうか の2点と言えるでしょう。   在独日系企業 ドイツ企業 日本人の応募難易度全般 (入社しやすいか) 比較的易しい 難しい 語学レベル 英語スキル ビジネスレベル必要 ビジネスレベル必要 語学レベル ドイツ語スキル できるとアドバンテージ ビジネスレベル必要 需要・供給 日本人としての需要 需要が多い 需要が極めて少ない 応募要件 職歴要件...

      • ドイツ就職虎の巻【壱】 ドイツ日系企業応募準備のための予備知識講座 

        ドイツ就職虎の巻【壱】 ドイツ日系企業応募準備のための予備知識講座 

        企業形態やポジションによりけりですが、ドイツの日系企業就職を目指す日本人が考慮しなくてはいけないドイツ日系企業就職の応募要件としては、「語学力」「職歴」「学歴」「就労ビザ」などが挙げられます。以下、一つずつ確認をしていきましょう。

        ドイツ就職虎の巻【壱】 ドイツ日系企業応募準備のための予備知識講座 

        企業形態やポジションによりけりですが、ドイツの日系企業就職を目指す日本人が考慮しなくてはいけないドイツ日系企業就職の応募要件としては、「語学力」「職歴」「学歴」「就労ビザ」などが挙げられます。以下、一つずつ確認をしていきましょう。

      • ドイツ就職虎の巻【弐】ドイツ日系企業応募準備と応募方法

        ドイツ就職虎の巻【弐】ドイツ日系企業応募準備と応募方法

        さて、前回の事前情報確認の記事を読んでいただいた方は、おぼろげながら日本人がドイツの日系企業に就職することのメリットや強みがご理解いただけたかと思います。今回の記事以降、本格的な応募や面接といった実践的な手法の紹介にうつっていきます。

        ドイツ就職虎の巻【弐】ドイツ日系企業応募準備と応募方法

        さて、前回の事前情報確認の記事を読んでいただいた方は、おぼろげながら日本人がドイツの日系企業に就職することのメリットや強みがご理解いただけたかと思います。今回の記事以降、本格的な応募や面接といった実践的な手法の紹介にうつっていきます。

      • ドイツ就職虎の巻【参】 ドイツ日系企業採用面接の攻略

        ドイツ就職虎の巻【参】 ドイツ日系企業採用面接の攻略

        書類面接を通過したら、いよいよ日系企業による採用面接がはじまります。コロナ禍以降、一次面接はオンラインにて実施する企業が一般的になりました。しかし、採用までに一度は直接会ってみたいと思う企業は非常に多く、最終面接は日系企業の位置するドイツの現地オフィスに赴き、対面で実施することがほとんどです。

        ドイツ就職虎の巻【参】 ドイツ日系企業採用面接の攻略

        書類面接を通過したら、いよいよ日系企業による採用面接がはじまります。コロナ禍以降、一次面接はオンラインにて実施する企業が一般的になりました。しかし、採用までに一度は直接会ってみたいと思う企業は非常に多く、最終面接は日系企業の位置するドイツの現地オフィスに赴き、対面で実施することがほとんどです。

      1 4